Loading…

冬の歌 ・ A song of winter

Posted by AshizuriArt on 13.2017 思想・Thought

Though still bright, as the sky grew darker
and evening approached
the street lights came on.

まだ明るかったが、
夕方が近づくと空は徐々に暗くなり
街灯がつき始めた。
the-sky-20171112

The day had been cold,
the night would be much more so.
I knew it was time to go.

今日は寒かった、
まして、今夜はさらにそうなるだろう
もう行く時間だと分かった。
Then, a thousand voices filled the air
and turning around I saw...
そのとき、声の一群が飛び交った。
振り返ってみると
the-birds-20171112
...a sky full of birds.
They circled around
and landed on the electric lines
to write a song
in birdsong notation
(which humans rarely take the time to read)
空が鳥でいっぱいだった。
皆が回って
電線の上に着地
音符を作るように
鳥が並んでいた
(人間は鳥の音符を読む時間を作ろうともしないのに)

birds-wrote-music-20171112

The title of the song was:
"The day has been cold, the night will be much more so. It is time to go."
曲名は:
「今日は寒かった。まして、今夜はさらにそうなる。もう行く時間。」
~~~~~~~~~~

スポンサーサイト



previous / 過去の投稿

Ashizuri Art

高知拠点から 四国&日本のありよう:  写真と文

AshizuriArt

Author:AshizuriArt


ようこそ!


Based in Kochi, photos and words about Shikoku & the Japanese condition in general

検索フォーム

QRコード

QR

火山・地震モニタ-