Loading…

土佐のヒーロー

Posted by AshizuriArt on 03.2016 教育・Education
土佐のヒーロー②
楠瀬喜多(1836年~1920年)                      
楠瀬喜多は日本で「民権ばあさん」として知られています。楠瀬は戸主として納税しているにも関わらず、女性であることを理由に投票が認められず、県庁や内務省にまで抗議の手紙を書きました。政府はそれを気に入りませんでしたが、植木枝盛(自由民権運動の理論的指導者)を始め多くの人が楠瀬の行動を「素晴らしい!」と考えました。
楠瀬のおかげで、ある期間、香美町と小高坂(高知市)は、日本で唯一の女性が投票できるところとなりました。政府はこの動きを止めようと法律を改正したが、楠瀬は日本女性の平等な投票のムーブメントを起こしました。   楠瀬さん、すごい!

楠瀬喜多


Heroes of Tosa ②
Kusunose Kita (1836~1920)
She is known as the “Grandmother of popular rights” in Japan.
She was head of her household and so had to pay taxes but she had no political rights.
So she wrote a letter to the government.
The government did not like her tone but many other people, such as peoples rights leader Ueki Emori thought it was great!
Because of her, for a short time, Kami-machi and Kodakasa (in Kochi City) were the only places in Japan where women could vote! The government changed the law again to stop this but she helped create the movement for equal rights for women in Japan.
Well Done to her!

スポンサーサイト



previous / 過去の投稿

Ashizuri Art

高知拠点から 四国&日本のありよう:  写真と文

AshizuriArt

Author:AshizuriArt


ようこそ!


Based in Kochi, photos and words about Shikoku & the Japanese condition in general

検索フォーム

QRコード

QR

火山・地震モニタ-