Loading…

広河隆一氏 講演会 宇和島

Posted by AshizuriArt on 28.2012 思想・Thought   0 comments   0 trackback
広河隆一氏 講演:「チェルノブイリからフクシマ、そして伊方」

主催:宇和島 こどもと未来を考える会

広河隆一氏 講演:「チェルノブイリからフクシマ、そして伊方」 

広河さんは写真・映像ジャーナリストとして世の中の苦しみを沢山目撃していると思います。
講演が始まりしだいすぐにそう感じました。
研究医たちが被害者を研究報告データ提供者とみなすのとちがって、広河さんは被害者の名を挙げ一個人として敬意を表しています。
「ある程度の犠牲者が出ることは仕方がない」という態度で、
人をただの頭数とし、統計でしか扱わないい将軍・政治家・官僚たちとは違います。

広河隆一 宇和島 1
広河さんの講演内容は多岐にわたります。
そしてそれは確固とした、立証可能な具体例に基づいています。
内容はここでは繰り返しませんが、
ご自分で確かめたかったら是非講演会に行ってみてください!

僕がまとめた要旨:
① 広瀬氏のチェルノブイリ・スリーマイル島の経験で数値・統計が操作されるとわかる。
同じような操作は今も福島の原子事故の後行っています。

② 人々を安全な地までただちに避難させることの重要性。特に女性と子供。

③ 官僚は、真の危険性よりも、「不安を煽らないこと」にとりつかれている傾向。

④ 基本的に我々人間は「都合のいいニュース」のみを信じたがります。
しかしメディアは真実を追究しないため、私たち一人一人が真実を探さなければならない。

⑤ 私たちの「ため」にことを起こした政府や企業活動に対し、
私たち皆が責任を持っています。
その責任をちゃんと背負うべきです。

広河さんは聴衆の前で話すことよも、カメラのファインダーの裏に立つ方を好む方のような気がします。広河氏の話は実体験なので、聴く者の感情に訴えます。一方、放射線生物研究者や官僚の中には「福島事故後、若年世代の甲状腺ガンの発生率の増加はわずかしかない」と平気で口にする人もいます。広河氏はチェルノブイリで子供や親と実際に会話しているので、「わずかな発生率」にあたった人たちにもひとりひとり名前を持った人間であることをわかっています。


上で述べたように、広河氏は多くの苦しみを見続けてきた人だということを感じる人もいることでしょう。語り口はやさしいが、写真のイメージを通してメッセージを伝えることのパワーを信じていることがわかる。
広河氏発行の雑誌「デイズジャパン」を見ると、巨大な不平等にも関らず、
尊厳を保持するための人間の勇壮な試行錯誤、
正義とよりよい人生を求める闘い、のメッセージを感じ取れる。


広河氏の講演にいくことをお奨めします。経験からの声を聞くことは大事です。

参加者は80人くらい。
ほぼ部屋の収容キャパいっぱいの人数でした。

主催した会の皆様よくできました、宣伝から駐車場案内まで!
お疲れ様でした。

Days Japan (日本語)} {Days International (日本語)

-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-

A talk by Hirokawa Ryuichi:
"From Chernobyl to Fukushima and Ikata"


Hirokawa-san has witnessed a great deal of suffering in the world, whilst working as a photo-journalist. I could sense that very shortly after he began his talk. He takes considered care to say the names of the individuals.
Unlike the scientific doctors who see the people
as data for their next research paper;
unlike the generals, politicians and technocrats who deal in statistics
and see humans as just numbers, of whom a certain percentage can be sacrificed.

Hirokawa-san's talk covered a number of issues, which he backed up with solid, verifiable examples - I won't repeat everything he said here on my blog: if you want to check for yourself, go to one of his talks yourself!

The points I brought away from his talk were:

1. From his past experience at Chernobyl and Three Mile Island he recognizes when the numbers are manipulated. Similar manipulation is being carried out now following Fukushima.

2. He emphasized the need to act quickly to get people to safety.
Especially regarding women and children.

3. He pointed out the beauraucrat's obsession with the people panicking rather than real and actual dangers.

4. He expressed understanding for the fact that we, as humans in general, we all want to believe the "nice" version of the news. But we all need to look for the truth, because the media are not investigating the facts.

5. We are all responsible for the actions of companies and a government made, "on our behalf".
We need to shoulder this responsibility.

I got the feeling he is happier behind his camera than talking in front of an audience!
His talk was emotive, he spoke from experience. Whilst some researchers and bureaucrats blithely speak of only a "small increased risk of thyroid cancer" in children after Fukushima, he has talked with children and parents in Chernobyl and he knows that the "small percentage" have names.

As I mentioned earlier, one senses Hirokawa san has witnessed a great deal of suffering. He is soft spoken but still believes in the power of the photographic image to get the message across. And the message that you see in his magazine Days Japan, is one of humanity's valiant struggle to retain dignity, seek justice and strive for a better life, despite immense odds.

I recommend going to one of Hirokawa-sans talks, it's important to listen to the voice of experience.

広河隆一 宇和島 2

I estimate about 80 people attended.
Which pretty much filled the room to capacity.

Days International (English Edition)

スポンサーサイト
  
previous / 過去の投稿

Ashizuri Art

高知拠点から 四国&日本のありよう:  写真と文

AshizuriArt

Author:AshizuriArt


ようこそ!


Based in Kochi, photos and words about Shikoku & the Japanese condition in general

検索フォーム

QRコード

QR

火山・地震モニタ-